風俗なら具体的にいくらぐらい稼げる?

風俗業で稼ぐには?

日本における風俗とは

初めて風俗業界で働くという人は特に、どんな業種があるのかというのはつかみにくいでしょう。 基本的にはソープといったハード系のもので日給が高い傾向があり、その次にヘルスやエステ、そしてソフト系のオナクラやピンサロといったものは低めの傾向があります。

ソープとヘルスについて知ろう

日本にはソープ、ヘルス、デリヘル、ピンサロ、おっぱいパブなど、多くの風俗業の種類が存在します。
夜の職業である風俗業は、「いかがわしい」、「眉をひそめたくなる」といったイメージがつきものでしょう。
しかしそのような職業を選ぶ人が一定数いることも事実なのです。

一説には約30万人の女性が風俗業界で働いているといわれています。
日本の人口1億3千万人に対しては決して多い数ではありませんが、女性の約0.5%は風俗に携わっている人となります。
また風俗業界は特定の年齢層しか働きませんので、過去に風俗を経験した人も加えるとかなりの数になるといわれています。

なぜそんなに多くの人が風俗に携わるのかといえば、その収入の高さと言えるでしょう。
現在の平均的な初任給は大体月20万円前後です。
一日に換算すれば、約6600円となります。
しかし風俗業では客一人当たりにつき1万円を超えることがしばしばですので、毎日2~3人接客して平日働いただけでも、月に数十万は稼げることがわかります。

ですから風俗業界を志望する女性の数も増えてきているわけですが、風俗をやっている女性が誰でもこれだけの収入を得られるわけではありません。
店の人気、業種形態、そしてその人個人の持つ魅力などが、どれだけお金を得られるかということに関わってくるのです。
実際にどの業種でどれくらい稼げるか、そして選んだ業種でどうやったら高い収入を得られるのかという点を検討していきます。

おすすめリンク

働き方を工夫しよう

もし風俗経験がないのであれば、各業種の仕事内容はしっかり確認しておいた方がよいと思います。 実際にやってみて「こんなはずじゃなかった」と落胆することもあるかもしれません。 そんな時は、いろいろある業種から自分に合った仕事を見つけていきましょう。

安心して働くために

人気が高まれば、給料も比例して上がっていくというのが風俗嬢の理想です。 そんな理想を求めながら風俗に携わる人も多いかもしれませんが、現実も見なければいけません。 風俗業はほかの業種と違い、社会的ステータスが低いため、雇用者の保障がおろそかになっていることがよくあるのです。